ペット保険はどんなポイントで比較する?

ペット保険の比較ポイントを紹介しています

特約について

ペット保険はペットのケガや病気の通院、手術、入院に関わる費用に対する補償だけではありません。特約という補償があります。特約というのは、通院、手術、入院といった基本的な内容以外のものの補償、と言ってもいいでしょう。他人にかみつくなどをしてケガをさせてしまったり、他人のペットにケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったときなどに補償をする賠償責任特約というものや、ペットが亡くなったときのお葬式の費用や供養のための仏具費用などを補償する特約もあります。

ペット保険の特約は会社にとってさまざまです。他にもガンの手術の際に、通常の手術費用とは別に保険金が支払われるガン手術保険、障害によってペット用の車いすなどの補助器具を購入する際の補償、保険金を請求するためにかかった費用などを補償してくれる特約もあります。

いつもはおとなしく他人にケガをさせることなどないペットでも、何か原因があると突発的な事故を起こす可能性もあります。その際には、こちらが責任を負わなければならないことがほとんどです。高額になると10万円以上の支払いをしなければならないこともあります。万が一に備えての賠償責任特約がある保険を選ぶのも重要でしょう。

補償割合

ペット保険を選ぶときにポイントとなるのは、補償割合と保険料でしょう。補償割合はどのくらいの費用を補償してくれるのか、ということです。ペット保険では50%、70%、90%、100%といった補償割合を設定している保険が多いです。100%補償してくれれば安心、と考える人も多でしょう。そこで注意したいのは支払い限度額です。

ペットの治療費で高額になるのは入院費や手術費です。手術となると10~20万円、さらに入院となると入院費用もかかり、高額な費用がかかることも多いです。そのときに補償割合が100%であっても支払い限度額が少ないと、自己負担が増えてしまいます。補償割合が100%であっても、支払ってもらえる限度額をチェックするようにしましょう。

限度額は1回あたりの治療や手術に対する限度額、治療や手術の回数に対する限度額のほか、年間で限度額を定めるという設定があります。さらに、年間の限度額がない、回数に制限がない、もしくは回数を設定されている、などいろいろあります。回数に制限があるとそれを超えた治療回数になると補償がされない、ということもあります。補償割合の設定だけではなく、限度額や日数や回数の限度などを含めてペット保険を比較し、有利な補償を選ぶことが重要です。